神奈川県小田原市の税理士事務所。
創業支援・相続・事業承継などのご相談パートナーです。
事業承継

贈与税税対策のご相談は神奈川県小田原市の鈴木美帆税理士事務所へ

会社の強みを分析し、時代に合わせた事業改善をして後継者様が続けたくなる事業承継の手伝いをいたします。顧問税理士だからこそできる息の長いサポートをご提供いたします。
税理士が行う事業承継のサポートというと創業者様から後継者に株式を移行する際の贈与税・相続税対策を思い浮かべる方が多いと思います。当事務所ではそれにとどまらず事業承継を次の3つの視点からサポートしたいと考えています。
 
1.創業者様から後継者への事業のバトンタッチ
2.後継者の方が継ぎたくなる事業にしていく
3.贈与税・相続税対策

1. 創業者様から後継者への事業のバトンタッチ

事業承継の移行期間は10年と言われています なぜ、そのくらいかかるかと言うと従業員の理解や先代と次代の経営者との意識の違いがあり、それらの問題に歩み寄る時間が必要で、短期間での移行はスムーズに行かないのが現状です。当事務所では顧問税理士として長期のお付き合いをさせていただく中で、事業の承継がスムーズにいくようにお手伝いをいたします。

2. 後継者の方が継ぎたくなる事業に

日本の起業の9割が中小企業で占められているなか、中小企業の約30%については後継者が決まっていない状態であると言われています。(2017年 中小企業白書より)これは現在の事業が芳しくない為に継がせたくない・継ぎたくないと考えている事が原因となっている場合も有ります。当事務所ではその会社が持つ強みを経営者さまと共に考え、時代に合わせた事業改善をして後継者様が続けたくなる事業承継の手伝いをいたします。

3. 贈与税・相続税対策

円満相続の準備
中小企業の場合、創業者様の財産のほとんどが経営する会社の株式という場合があります。お子様が後継者様だけでない場合、他のお子様にどのぐらい他の資産を用意するか検討が必要となります。当事務所では株価の概算を算出とその後の対策など円満相続の準備のお手伝いをいたします。

贈与税・相続税対策
創業者様から後継者様に株式を移動する際に、どのような方法をとれば税額が低くなるのか、税制改正も視野に入れつつ検討いたします。
業務サービス
鈴木美帆税理士事務所

ページトップ